TOP > 腰椎椎間板ヘルニア > 発症メカニズム

腰椎椎間板ヘルニアの発症メカニズムを解説


腰椎椎間板ヘルニアは、髄核が外に飛び出すことで、脊髄や神経根を圧迫する症状を言います。その発症原因として、腰の痛みやぎっくり腰があります。腰椎椎間板ヘルニアはこれらの症状にとって最も多い原因です。

また、発症するメカニズムとしては、腰への過負荷が上げられます。思いものを持ち上げる、座る、立ったまま前屈みになるなどの姿勢をとった場合、体重の約3倍の圧力がかかります。

また、このようなことをの繰り返し行っていると、腰椎が変性をもたらし、腰椎椎間板へルニアに発展してしまうとも考えられています。そして、これらの姿勢の歪みをもたらす行為を避けるのであれば、仕事を辞めなくてはならない、という方がほとんどかと思います。

その為、一度起こってしまった歪みをなかなか矯正できませんし、現代社会に生きる方であれば、誰もが腰椎椎間板ヘルニアの危険性を腰に抱えていると言えます。

しかし、日常生活をしている以上は必ず誰しも体の歪みが起こってきます。この歪みを次の日に残さないようにするだけで、発症率は大きく変わってきます。

ですが、この体の歪み、バランスを整えるという方法を具体的に説明してくれるところは少なく、ほとんどの方がやり方を知らないことでしょう。

しかし、自分で体の歪みを整えるにはさほど難しいものではなく、専門機関に問い合わせれば、正しいやり方を教えてくれるところもありますので、実際に聞いてみて実践することが発症を防ぐことになるのではないかと思います。

また、その他に腰椎椎間板ヘルニアの発症するメカニズムとして遺伝要因も考えられます。もともとの体質であったり、骨の先天的な形などの要素も関係する場合が多くあります。

肥満体質は特に腰椎椎間板ヘルニアを引き起こすことが多いため、食生活の偏りを是正して体重を減らせば、腰への負担が軽くなり、腰の痛みが無くなったと言う例は多くあります。

血管の無い軟骨として人間の体の中で最も大きな部位である椎間板は、20歳からすでに加齢的な変化を始め、年齢と共にだんだんと衰えてきます。このことから、体幹に関わるあらゆる動作はやわらかさを失っていき、だんだんとぎこちなくなっていく、ということが言えます。

姿勢の不良が徐々に自然に起きるようになり、腰に負荷が過大にかかってしまい、発症が避けられなくなってしまいます。腰椎椎間板ヘルニアの発症を避けるための方法としては、特に中腰の状態、あるいは前かがみの状態を避けるようにします。

その他には立つ姿勢、座る姿勢、座り方、運転姿勢、重いものを持ち上げる方法、歩き方なども矯正しなければならないケースが多くあるようです。そして、一番大事なのは腰椎を支えるために筋力を強化していくことです。

腰椎を主に支えているのは、大腿四頭筋、背筋郡、腹筋になります。この3カ所の筋力をバランス良く保つことで、腰椎椎間板ヘルニアを改善するだけでなく、痛みやしびれの再発も防いでくれます。

もし、痛みがある程度引いているのであれば、積極的に筋力トレーニングを行いながら、体のバランスを元に戻してくことが改善の早道になってくると思います。

中川式腰痛治療法