足のしびれは何故起こる?


腰椎椎間板ヘルニアでは、ほとんどの患者さんが、腰の痛みの他に足のしびれを訴えます。症状としては体の片側だけに症状が現れるのが特徴ですが、腰の痛みに伴なって、片側のお尻から太ももの裏まで、また足のふくらはぎの裏から外側にかけて、症状を感じる場合が多くなります。

このため、足のしびれとともに足の親指を反り返す力が無い場合、また、足の筋力が徐々に落ちていくという場合は、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高いと判断されます。

足のしびれは、髄核が神経根である坐骨神経を圧迫することが原因で起こります。このことから、腰椎椎間板ヘルニアに顕著な症状として、坐骨神経痛と呼ばれています。

痛みも伴い、その痛みは夜も眠れない程の激痛や、じんわりと痛むタイプなど、患者さんそれぞれに違います。特に運動神経が圧迫されている場合、足のしびれを引き起こします。

思い当たる原因がなくて、足がしびれているような場合は、危険信号です。症状がそのまま進行しますと、下半身全体の感覚が低下し、足に触ってみても触感がなかったり、足が冷えてきたり、悪化すれば排尿や排便の障害になったりします。

腰椎のそばを通っている脊髄は、圧迫を受けても自然な力で逃げることはできませんが、ヘルニアが原因となってこの脊髄を損傷してしまうと、下半身がマヒしてしまうケースも起こりえます。

このように、腰の痛みでは足の症状が腰椎椎間板ヘルニアの危険信号となります。また、腰の痛みだけではなく、足に違和感を感じた場合、年齢のせい、などと思わずに早めに病院での診察を受けるべきです。

放置すればそれだけ腰への負担が蓄積して、治療も長引いていってしまいます。治療にいくことがなかなか出来ないような場合では、出来るだけ日常の姿勢を矯正し、食生活の偏りを正し、痛みがある場合は出来るだけ安静にすることが大切です。

これだけでも自然治癒の効果が高く発揮されるケースは多くあります。また、その他にも腰椎周りの筋力強化がとても大事になってきます。

急性期の痛みの場合、安静にしていることが求められますが、痛みが治まっているのであれば、積極的に筋力トレーニングなどをして、腰椎周りの筋力を鍛えていくことが大切になってきます。

正し、自分一人で行うのではなく、専門家や医師のアドバイスを受けた上で、実行するようにしてください。間違ったやり方をしてしまうとかえって痛みが出たり、再発してしまう恐れがあるからです。

腰椎周りの筋力をつけ、痛みやしびれを二度と発症させない体作りを目指し、腰椎椎間板ヘルニアから1日でも早く解放されるように積極的にトレーニングされることをお薦めしたいと思います。

中川式腰痛治療法