診断方法について


腰の痛みがあり、痛みも激しいという場合、腰椎椎間板ヘルニアを疑う方は多いと思います。この場合、痛みの症状が腰椎椎間板ヘルニアかどうかを決定させるためには、整形外科などで検査を受ける必要性が出てきます。

整体院などでも治療は可能ですが、実際の病名がなにかというよりは、その治療法を見出す、という面が強いところが多くありますので、他の治療機会を得た際にまた、治療をやり直す必要なども出てきてしまうことになりかねません。

整形外科では、まず問診により痛みの状態、日常生活の中での障壁などを医師や看護師と話をします。また、症状に関わる部位を目で確認したり、感覚検査をしたり、動作検査、筋力検査など神経系の検査も行う理学所見を受ける場合もあります。

そしてこれらの結果に加え、レントゲンなどの画像診断を行い、2つをまとめて病名が明らかになります。腰椎椎間板ヘルニアに似ている症状は、消化器系、泌尿器系と多く存在しますが、患者さん自らがほぼ正確に憶測を立てられる条件として、坐骨神経痛の症状があります。

腰椎椎間板ヘルニアが刺激する神経根は脚の先まで繋がっていて、そのことで臀部から太股の裏側にかけて激しい痛みやしびれが出ることが顕著です。

また、腰の痛みやしびれはないが、臀部が酷く痛むという方が多くいます。このような症状も腰椎椎間板ヘルニアの疑いとても強いです。腰は痛くないのに何故、そのような疑いがあるのか。

それは、坐骨神経が関わっているからです。腰椎椎間板ヘルニアは坐骨神経の圧迫度合、圧迫されている場所によって、痛みやしびれのが度合が異なります。

腰は痛くないが、お尻の辺りが特に痛いという方は、腰椎の3番~5番のどこかで悪影響が出ているものと思われます。ですので、腰に痛みはなくても、臀部に痛みが強い方は腰椎椎間板ヘルニアを疑ってみてください。

このように、疑いの濃さから診断を受ける病院を選択しておくのも治療を早く進めるための効果があるかと思います。出来れば自己診断などの情報をインターネットなどから採取してみるのも良いでしょう。

判断する最終的な決め手としては、画像診断によるレントゲンやCT、MRIが主な手段です。レントゲンでは椎間板の変形を見ることができますが、詳細の画像を得ることができず、その代わりにMRIを用いて神経の圧迫の様子までを鮮明に写しだすことが可能です。

問診や理学所見の結果が、腰椎椎間板ヘルニアの兆候のみ示していると言う場合は、MRIとの併用によって、診断も比較的スムーズになると思います。

中川式腰痛治療法