腰椎椎間板ヘルニアの慢性期


腰椎椎間板ヘルニアの慢性期とは、急性期のような激しい痛みは起こらず、軽度の症状を持つ時期のことを言います。慢性期でとても大切なのは、筋力トレーニング、ストレッチ体操、骨格の矯正などを行いながら、痛みと上手くバランスを取って付き合っていくことです。

また、慢性期に入ると急性期とは違い、色々な治療ができるようになります。牽引を試行する場合もあれば、コルセットを装着しながら筋肉トレーニングを行う場合もあります。

それらの中から自分に合った方法を見つけるために、まずは担当医に相談することが必要です。また、自分で痛みの症状を常にチェックし、定期的な検査も欠かさないようにします。

腰椎椎間板ヘルニアには付き物であると言われる坐骨神経痛も、急性期を過ぎれば大分楽になってきます。脚のしびれ、痛みなどの症状もその範囲が限定されてきます。

坐骨神経痛の痛みを軽減させ症状を抑えるためには、まず、腰椎椎間板ヘルニアを解消しなければなりませんが、腰の痛みだけで下肢の痛みが無い時には、脚を少しでも動かすことで、後々、しびれや軽い麻痺などが長期間残ってしまうことを避けることができます。

また、コルセットはとても重要な役目を担います。コルセットをすると、腰椎を筋力の代わりにサポートしてくれることと、前かがみになって、痛みを起こしてしまうような姿勢を制限することが出来ます。

またコルセットは常用するのではなく、痛みが無く、トレーニングをする際には外して行います。特に腹筋へのサポート効果が高いため腹筋を意識して鍛えます。

慢性期が過ぎれば回復期に入りますが、回復期でも腰椎椎間板ヘルニアが再発する恐れは充分にありますので、油断は禁物です。

そして、腰椎椎間板ヘルニアの再発を防ぐには、リハビリを継続させることであり、出来るだけ安静を保ちつつ、腰椎周りの筋力強化をすることです。

このように、腰椎椎間板ヘルニアの回復期になったからといって、油断はせずに、予防と再発を兼ねて、治療を常に続けていくことがとても大事になってきます。

中川式腰痛治療法