腰椎椎間板ヘルニアの急性期


腰椎椎間板ヘルニアの痛みはある日突然やってきます。初めのうちはごく軽いものですが、それが腰椎椎間板ヘルニアだと気づかずに放置したり、忙しいことを理由に病院へ診察に行かないという方が非常に多いです。

その段階で治療できれば一番良いのですが、出来なかった場合は、腰椎椎間板ヘルニアが本格的に発症し、非常に激しい痛みを味わうことになります。

腰椎椎間板ヘルニアは発症から1週間以内の期間を「急性期」といい、この期間はとにかく激しい痛みが襲い掛かってきます。その症状は想像を絶するもので、立ち上がることが出来なくなったり、まっすぐ立つことも出来なくなるほどです。

どの位の痛みかは経験した人にしか分からないと思いますが、経験された方の話では、足が攣った時の痛みが1週間程、腰に続くと思ってもらえれば分かりやすいと言います。

つまり、足が攣った時の痛みが常に腰に襲っているという状態、これが腰椎椎間板ヘルニアの急性期の症状です。足が攣ったことがある方ならどれだけの激痛か分かるかと思います。

それが継続的に1週間も腰に襲ってくるのですから、想像を絶する痛みだということは分かるかと思います。また、足が攣ったことが無い人には、このような説明を良くします。それは、歯医者で治療を受けた時に感じる神経的な痛み、これが腰に襲うと思ってください。

そうです、歯の治療を受けている時に神経に触れた時のあの痛みです。あれが腰に持続するのです。経験された方は、どちらの例も表現としては正しいと言いますので、どれだけの激痛が襲ってくるかは、想像頂けたかと思います。

その辛い急性期に行う治療は、とにかくベッドに横になって安静にすることが大事です。マッサージやストレッチなど身体を動かす行為を行っては、症状はますます悪化していきます。

痛みが激しすぎて耐えられないという場合は、鎮痛剤の服用や患部に直接鎮痛剤などを注射するブロック注射を行ったり、動かざるを獲ない場合は、コルセットなどを着けて筋肉を補助する装具療法も行われます。

この急性期を乗り越えたら、後は安静を保ちつつ、保存療法を平行して行い、腰椎椎間板ヘルニアを改善させていきます。

保存療法は自身の自然治癒力だけで行う治療法で、ストレッチやトレーニングなどを行ったり、サプリメントなどで栄養を補給することで自然治癒力を高めていきます。

初期状態の腰椎椎間板ヘルニアであれば2~3週間で完治するケースもあるので、痛みが強い間はとにかく安静にして、ある程度容態が安定してきたら少しずつでも良いので、身体を動かすようにします。

急性期は非常に大変な時期ですが、それさえ乗り越えることが出来たら本格的な治療に望むことが出来ます。

最近では保存療法と安静だけで、腰椎椎間板ヘルニアのおよそ8割の患者は改善することが分かってきていますので、最後まで諦めずに根気よく治療を続けていくことが大切になってきます。

中川式腰痛治療法