TOP > 関連情報2 > 腹式呼吸で解消

腰椎椎間板ヘルニアを腹式呼吸で解消する


腰椎椎間板ヘルニアの治療を助けるのに役立ったり、腰椎椎間板ヘルニアの予防や再発防止にとてもお薦めなのが「腹式呼吸法」です。腹式呼吸と聞くと難しいイメージを持たれる方が多いですが、少し工夫をするだけで誰でも行うことができます。

腹式呼吸とは、呼吸の際に横隔膜を上下させる呼吸法です。ヨガや気功などでもお馴染みで、肉体と精神の両方を調整し、健康の維持にきわめて効果が高い、またダイエットなどにも取り入れる方が増えています。

腰椎椎間板ヘルニアの治療で大切なのは、腰椎周りの筋力強化することです。腰椎周りには、背筋、大腿四頭筋、腹筋があります。ここを鍛えることが、腰椎椎間板ヘルニアを完治させるためにはとても大事です。

ですが、実際に腹筋運動や背筋運動を行うとなった場合、多くの方が慣れないことであり、自宅で簡単にできるとはいっても、やはり体力のバランスも考慮しなければなりません。

ところが、腹式呼吸は方法だけマスターすれば、極めて単純にどこでも用いることができます。オフィスでも、電車に乗っている際にも慣れてしまえば会話をしながらできる方もいます。

また、胃腸の働きを活発にしたり、自律神経の不調からくる様々な影響や、冷え性などにも効果があります。もちろん腹筋や背筋のトレーニングを長期実施している方にも、併せて用いていくことが勧められます。

やり方は至って簡単です。まず鼻から息を吸い込みますが、この時に腹部を膨らませるのがコツです。また次に口から腹部を引っ込ませていくように息を出していきます。

お腹に溜まっているものを全て出し切るようなイメージで、つまり最もお腹が平らになるまで吐き出します。座位で行うこと、また10分程度繰りかえすのが一般的です。

腹式呼吸の効果は、腹腔内圧をアップさせることです。これは腹部に力を込める際にかかってくる圧力ですが、背骨にとっても負担がかからず、圧力が高ければ高いほど腰も楽になります。

また、同時に腹筋、背筋の強化にも繋がります。また、腰を少し落として大腿四頭筋に負荷がかかるようにすると、より腰椎椎間板ヘルニアの治療に効果があります。

もし、実際に行ってみて徐々に腰椎椎間板ヘルニアの痛みや痺れが解消されてきたら、効果があると考えられます。その場合、そのまま継続して実行するようにしましょう。

しかし、人によっては腰椎椎間板ヘルニアの症状が悪化してしまう場合もありますので、様子をみながら行います。もし、腰椎椎間板ヘルニアの症状が悪化するようでしたら、すぐに中止をして専門医の指示を仰いでください。

中川式腰痛治療法