TOP > 関連情報2

関連情報2

お薦めサイト情報

スチームモップランキング
スチームモップのランキングを詳しく知りたい方はこちらのサイトがお薦めです。

樹木葬
全国各地の樹木葬を紹介しています。樹木葬墓地の見学レポートをはじめ、種類や費用、注意点などを説明していますので、樹木葬を選ぶときの参考になります。

腰椎椎間板ヘルニアとゴルフの関係性について


もし、腰椎椎間板ヘルニアの手術後にゴルフを再開する場合、例えば、術後1年以上経過して日常生活に差し支えのない程度に回復している、としますと、以下のことに注意してゴルフを再開することが必要です。従来の腰椎椎間板ヘルニアの手術法、ラブ開窓術を受けた場合、少しは骨も削ってあるはずです。腰椎椎間板ヘルニアだと、脱出したヘルニア塊による単なる機械的圧迫だけでなく、その周辺の軟部組織にも炎症が起こっていたはずです。

腰椎椎間板ヘルニアの手術では通常下肢痛のある側の筋肉を切開しますので、術後はこの部分の筋肉が硬くなり、よい方の筋肉とアンバランスになります。したがって、ストレッチ体操をしっかりと行う必要があります。ゴルフでは、腰の捻転で力を入れるので筋肉の柔軟性と十分な筋力の回復が必要です。ゴルフをするからには、どんなに素晴らしいスイングをする人でも腰には負担は掛かります。

腰を使えば(回転運動だろうが、前後の運動だろうが)腰には少なからず負担は掛かります。痛めない、怪我をしないのは筋力のバランス・骨・神経等に問題が起きないからです。 最も大事なのは、筋力背筋・腹筋を鍛えて補えるのか、自分自身での筋肉によるコルセットをつけているでしょうか。これさえクリアーできていれば、ゴルフを再開しても構わないでしょうが、もし、不安があるなら、ゴルフを再開する前に、毎日のウォーキング、毎日の体操を行いましょう。

ゴルフ場では、アップダウンのあるコースを、1日歩きます。これを毎日のウォーキングと一緒に考えている人が合いますが、まったく違います。何が違うのかというと、毎日の運動か、たまにする運動か、です。まず、毎日、ウォーキングを18ホール歩き通せるまでやってみましょう。その途中に、軽い体操を行いましょう。腰のストレッチを中心に行いましょう。それらが、できてからゴルフを再開すれば、いきなり再開するよりも安全です。