TOP > 関連情報1 > 分類

分類について

一口に腰椎椎間板ヘルニアと言っても、その症状は様々で、いくつかの分類に分けれらます。腰椎椎間板ヘルニアの脱出の程度による分類としては、線維輪の外壁を破裂させていない「突出型」。

また、後縦靭帯の下に半分ほど出てしまっている「靭帯下脱出型」、靭帯を破って硬膜外に突出している「経靭帯脱出型」、ヘルニアが移動して遊離している「遊離型」などに分けられます。

また、脊柱管との距離、位置によって内側型、外側型に分類されます。腰椎椎間板ヘルニアでは、椎間板の内圧が高い、つまり髄核の膨張が大きいほど、腰の痛みが大きくなります。

また、膨隆型、後縦靱帯を破らない脱出型は内圧が高く、後縦靱帯を破った脱出型、遊離型、繊維輪の膨隆、骨棘がある場合は内圧は低くなります。

腰椎椎間板ヘルニアが靱帯を破り、外側に飛び出した場合、強い腰の痛みは減少しますが、坐骨神経痛が起こり、その飛び出しによる圧迫度合いによってその痛みやしびれの度合いも違ってきます。

また、椎間板が変性を起こしたり、椎骨が変形しただけでは、腰の痛みは起こらず、傷ついたり刺激されたりすることで痛みを発症します。

腰椎椎間板ヘルニアは様々な分類がありますが、基本的には、安静を保つことによって、約三ヶ月から半年程度で自然吸収させることも多く、また吸収によって、痛みも軽減してくることもあります。

これは、医学の進歩によって、最近分かってきたことで、椎間板から飛び出した髄核は細胞によって食べられ、自然吸収してくれるというものです。

詳しくご説明致しますと、人の体の中には貧食細胞といものがあり、飛び出したヘルニアを異物として食べ、吸収する働きがあることが分かってきました。このため、脱出型ヘルニアの場合は、貧食細胞による縮小、あるいは消失の効果も期待出来るようになりました。

しかし、これは確定されたものではなく、仮説の段階だそうです。この自然吸収の原理を解明するのには、もう少し時間がかかると言われています。

また、遊離型という分類のヘルニアでは約50%で吸収が見られています。脱出型では、線維輪に起こった亀裂から、髄核が外側へ飛び出すタイプのものですが、その分、症状が激しくても、数ヶ月で症状が軽くなります。

また、ある程度突出してしまって、坐骨神経痛が酷くなったりした腰椎椎間板ヘルニアは、手術するしかないと言われていました。しかし、今後は貧食細胞が本当に存在することが分かれば、手術をしないで、腰椎椎間板ヘルニアを改善することに期待が持てそうです。

それだけでなく、腰椎椎間板ヘルニアの手術をしたにも関わらず、再発してしまい悩んでいた方々も、今後は再発に悩むことがなくなる可能性もあります。

ただ、この仮説に頼りきるのではなく、腰椎椎間板ヘルニアを自分で治すんだという、強い気持ちをもって、今後も治療に励んでいくようにしてください。腰椎椎間板ヘルニアを根本から治すには、腰椎周りの筋力強化が必要です。

痛みが酷い急性期は安静にしていることが求められますが、慢性期になって痛みが落ち着いてきたら、積極的に運動療法による筋力トレーニングを取り入れて治療するようにしましょう。腰椎椎間板ヘルニアを治すにも、再発を防ぐにもこの方法が一番だと思います。

中川式腰痛治療法