TOP > 手術関連 > 整形外科の術式

整形外科の術式



腰椎椎間板ヘルニアの手術をする場所は整形外科が一般的です。それ以外では、レーザー治療をするようなクリニックもありますが、レーザーは保存療法の中間的な存在と言われ、切開などで傷をつけない方法になります。

また同じ腰椎椎間板ヘルニアでも、頚椎椎間板ヘルニアの場合は、顕微鏡下術で対応できる脳神経外科を選択する場合が多くなると思います。

腰椎椎間板ヘルニアでの術法といえば、出来るだけ体への負担が少ない、いわゆる低侵襲術が話題になっていますが、具体的には内視鏡や顕微鏡などを用いた方法です。しかし、日本ではまだこの方法に卓越している病院や医師が少ないと言われているのが実情です。

つまり、どこの病院を頼っても同じ結果になるというわけではなく、その中には腕の良い技術を持った医師から受けることができるところもあれば、結果に不安があるという病院も存在している、ということになるわけです。

それではどのようにして、優秀な整形外科を探せばいいのでしょう?やはり、実際にその病院で治療を受けたことのある知人の紹介や、インターネットで上手く情報を集めたり、診療を受けている病院からの紹介などが主な方法ではないでしょうか。

あるいはテレビなどでも話題になったような神の手と呼ばれるような医師を頼ることもできればしたいものと思います。整形外科のメリットといえば、他の病気がある場合にも素早い処置が可能なことが上げられます。

また、出来るだけ対応範囲を広くするために、規模の大きな総合病院にかかることも必要と思います。また、脊椎専門医が多くいるような大きな病院が自宅の近くに無いという場合は、近くの病院でも構わないと思います。

いい病院選びは、腰椎椎間板ヘルニアのような難しい症状の場合、上手な治療のための必須条件です。いい病院を選ぶことが出来れば、例え、腰椎椎間板ヘルニアの症状が悪化してしまったとしても、精神的な不安も小さくとどめることが可能になると思います。

中川式腰痛治療法