TOP > ニュース/トッピクス

ニュース/トッピクス

    記事はありません。

お薦めサイト情報

犬のしつけ方法
犬の正しいしつけ方法を詳しく解説しています。

血圧降下剤の専門サイト
血圧降下剤を飲まなくても高血圧は改善することをお伝えしているサイトです。

シベリアンハスキーのしつけでお困りの方はこちら
シベリアンハスキーのしつけで悩みを抱えている方はこちらのサイトがとても参考になると思います。

何故、腰椎椎間板ヘルニアは妊婦の人がなりやすいのか?

最近の腰椎椎間板ヘルニアはデスクワークや座りっぱなし、立ちっぱなしや生活習慣の乱れによる肥満などの日常生活で積み重ねられていく腰椎への負担が主な原因となっています。腰への負担が引き起こすということで、その発症の可能性として高いと言われているのが妊婦の人です。

妊娠をすることで妊婦の方は徐々に体重が増えていき、普段かかる腰への負担が多くなります。そのせいで腰椎椎間板ヘルニアを発症する可能性が高くなり、今では妊婦の人で腰椎椎間板ヘルニアに悩まされている人は少なくありません。

妊婦が腰椎椎間板ヘルニアになると治療にとても不安があると思います。薬剤投与やブロック注射による胎児への心配などが不安要素として挙げられるので、治療法は比較的体に負担が少ないとされる保存療法での軽い運動療法や体に影響が少ない内服薬を利用する妊婦の方が多いとされています。

腰椎椎間板ヘルニアでありながら、妊娠・出産を経験した妊婦は意外にも多く、腰や足の痛みや多少の痺れを症状として感じながらも子供には何の影響もなく無事にほとんどの人が出産に成功しています。

ごく稀に薬剤投与などの治療が原因で体内のホルモンバランスが崩れ、胎児に必要なホルモンの分泌が足りなくなり流産をしてしまったという妊婦の方もいますが、それには腰椎椎間板ヘルニアの他にも自分のその時の体調などが総合的にホルモンバランスを崩し、流産の原因を引き起こしている結果が多いです。

妊娠が経過してくると自ずと体重が増えることで腰痛が悪化することもあります。症状が悪化すると妊娠中トイレに行くことすら腰が痛くてままならない、ということもあり坐骨神経痛などを併発する可能性も高いので、そうなると腰が体重に耐えられず痛みを増すことで立つことも辛いという症状を経験した妊婦の人もいます。

その場合には体を安静にしながら負担が少ないストレッチや寝たまま出来る背筋や腹筋を鍛えることができる体操、腹式呼吸法などが体に衝撃や負荷をかけることなく行うことができるのでお勧めです。