TOP > 名医・病院 > 整形外科

整形外科に通っても治りません


腰椎椎間板ヘルニアは保存療法が基本となります。保存療法は腰椎椎間板ヘルニアを直接除去する手術療法とは対象的な方法です。主な診断場所は整形外科になります。整形外科の診断ではまず問診による症状や条件のチェック、および理学的なテストが行われます。

理学テストで主なものはSLRテスト陽性 (患側下肢挙上の制限)、疼痛性側弯、腰椎前弯消失や坐骨神経痛による下肢筋力低下、下肢知覚障害などです。確定診断には画像検査が必須です。まず単純レントゲン検査をし、患部の状態をおおまかに観察した後で、MRIを撮影します。

画像上、腰椎椎間板ヘルニア像があるというだけでは腰椎椎間板ヘルニアと診断することはできず、MRI画像による患部の神経圧迫が見え、それと症状や理学所見が合致してはじめて診断が成立します。

また、レントゲンやMRIの他にも、脊髄を包む袋の中に造影剤を注入して圧迫が診断する、脊髄造影や椎間板に造影剤を注入して髄核とヘルニア腫瘤を直接的に造影する椎間板造影、ブロック注射として神経根周囲に造影剤を注入し椎間孔内の圧迫を見る神経根造影などが有用です。

また、電気診断によって神経組織の機能診断を用いる場合もあります。整形外科での保存療法では、それぞれの症状に応じて、自然経過のプロセスをよく考え、綿密な治療計画を立てることが大切です。

脊柱管の形や広さによって治る速度やその性質が異なりますし、小さい腰椎椎間板ヘルニアは痛みも改善する速度が速いですが、大きく脱出していたり移動してしまった腰椎椎間板ヘルニアは長く治療することで自然退縮が期待されます。

腰椎椎間板ヘルニアの脱出が大きく見られ、痛みも強いというケースでも、待つことで改善する可能性は高いですが、下肢の麻痺が大きく進行した場合では手術を検討するようになります。

また、腰椎椎間板ヘルニア自体のサイズが小さい場合でも、脊柱管が狭いときは痛みが大きくなりますので、整形外科などでは手術をすることも多くなります。その他には早期の社会復帰を理由に手術を決断することも多くあります。

中川式腰痛治療法