TOP > 名医・病院 > 病院

病院に通うことは止めるべきです


腰椎椎間板ヘルニアの場合、病院選びで苦労するという方は多いと思います。特に、腰椎椎間板ヘルニア手術を検討している方であれば、腰椎椎間板ヘルニアの手術は危険が伴いますので、出来るだけ評判の良いところで手術したいと思うことは自然です。

また、腰椎椎間板ヘルニア手術に対して不安を感じないという人は恐らくいないと思います。特に腰椎椎間板ヘルニアの場合はどうにかして不安を取り除こうと苦労される方が多く、名医を探すという方も多いようです。

腰椎椎間板ヘルニアは、外側から飛び出してしまった髄核が脊髄、神経根などを圧迫することで様々な症状を出現させます。

そのため、脊髄や神経根の圧迫を減らすことが手術の第一目標となりますが、飛び出してしまった髄核を直接除去する方法、そして脊柱管拡大などを行って間接的に圧迫を減らすという方法があります。

また、腰椎椎間板ヘルニアの部位の数や症状の度合いによって、低侵襲ですむものから大手術に近いものまであります。一般に選ぶ際のポイントは、手術経験が多く、成功率が高く、可能な限りの最小侵襲手術をするところ、などが挙げられます。

経験が浅ければそれだけ成功率が低いとみなして当然ですし、侵襲が高ければ負担が大きく、それだけ様々なダメージを残す可能性が高くなります。保存療法で治すという意思を持っている場合は、病院選びについてはそれほど注意しなくて済むと思います。

ある程度信頼がおけて実績もある場所であれば問題なく、後は自分自身がリハビリなどをどのようにするかということに比重を置くようにすれば、コストなどもそれほどかからなく治療することができると思います。

選ぶ際ののもう1つのポイントはコストです。どれくらいの予算があって、どのような治療を受けたいのか、このポイントをよくチェックして置くことも、後悔しない治療にするためのコツと思います。

また保存療法の経過によっては、途中から鍼灸院や整体などにバトンを渡すという方も多いようです。腰椎椎間板ヘルニアは一度なってしまうとなかなか完治が難しいものです。

しかし、鍼灸院や整体などの運動療法で、腰椎椎間板ヘルニアが改善した例も多くありますので、病院で効果を感じられなかった方は一度試してみる価値はあるかと思います。

ですが、鍼灸院や整体などは保険適用が出来ないところが多く、ほとんどの場合、自費出費になります。また、1回や2回で腰椎椎間板ヘルニアが改善出来ることも少ないため、何度も通うことになります。

そうなると、それなりの時間と費用がかかってきますので、どちらを受診するか良く考えることが必要になってくるかと思います。


中川式腰痛治療法