TOP > 治療方法 > 注射の効果

腰椎椎間板ヘルニアは注射を打っても治りません


腰椎椎間板ヘルニアの治療は一般的に保存療法となります。この保存療法には様々なものがありますが、痛み止めとして効果の高い方法として、ブロック注射があります。

これは神経の伝達路に局所麻酔薬を打つことで痛みの伝達をブロックして筋肉の緊張をほぐし、血行を改善することで腰椎椎間板ヘルニアの痛みをストップさせ、自然治癒の効果を期待できる方法です。

麻酔は数時間程度で体内から蒸発してしまいますが、効果が高いケースではその後、腰椎椎間板ヘルニアの痛みが全く現れないこともあります。この効果の差は自然治癒の効果の差として現れます。

つまり効果の高いものは主に血行が改善されることで患部に栄養が行き届き、腰椎椎間板ヘルニアの早期回復が見られる例です。このブロック注射には、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどがあります。ブロック注射のメリットは痛みからの解放が主です。

腰椎椎間板ヘルニアによる痛みによって、体を動かすこともできないと、その動かすことができない筋肉は衰え、症状の悪化を招きます。このような悪循環を繰り返すことを避け、体の活力を取り戻すことができるようになります。

また、内服薬の長期投与による胃腸障害などのような副作用がほとんどなく、麻酔自体は完全に体から抜けていくため、熟練した医師が処置すれば、腰椎椎間板ヘルニアの合併症などの危険性はゼロと言えます。

デメリットとしては、痛みが大きいこと、また、他の症状を併発する可能性があること、痛み止めの効果とその持続時間には患者さんごとに際が大きく、どの程度の効果かを測定することが不可能なことなどがあります。

ブロック注射は根本治療ではありません。そのため、腰椎椎間板ヘルニアの痛みが100パーセント取れることはほとんどなく、残った痛みをコントロールすることも重要です。

また、中枢神経の近くへ打ちますので、特に神経や血管を損傷してしまうと、麻痺やしびれなどが残ってしまうことが懸念されます。このため、腰椎椎間板ヘルニアの痛みを抑えるためにブロック注射を行うときは、熟練の医師が処置することが条件となります。

熟練の医師が処置をしないと、後々さんざんな結果を生むこともあります。例としては、未熟な医師が執刀したために、ブロックする神経根の場所を間違えてしまうという単純なミスにより、返って痛みが悪化した例。

また、痛みが悪化した程度ならまだいい方で、その場から歩いて帰れなくなってしまった例などもあり、以前、医療裁判になったこともあります。ですので、ブロック注射の治療をするときは、事前に必ず医師や病院、クリニックなどの情報収集をしっかっりと行うことが大切になってきます。

中川式腰痛治療法