TOP > 治療方法 > 保存療法

保存療法について


腰椎椎間板ヘルニアの治療では、主に手術をしない保存療法が用いられます。特に坐骨神経痛などの症状が出ていない場合は、自然治癒できる可能性が高いと言えます。

腰椎椎間板ヘルニアのほとんどは自然治癒することが可能です。そのためまずは安静にすることが指示され、コルセットを装着して、横になってしばらくすれば、腰椎椎間板ヘルニアが改善されることが容易に考えられます。

また、安静という言葉のイメージからベッドで横になっているべきであると考える方も多いようですが、基本としては腰の痛みや坐骨神経痛による痛みを起こす、あるいは悪化させるような姿勢を禁忌としてしっかり守ることができれば、安静ということが可能です。

特に坐骨神経痛が起きている場合、腰部の前屈や中腰、座位、などを初めとした患部を刺激するような姿勢を長時間保つことを避けるようにすべきです。

また、腰椎椎間板ヘルニアによる痛みが強い場合には、横になることがベストです。定位させていても苦しい場合には医師に診てもらい、ブロック注射を打ったりして痛みを鎮める方法が有効です。

また、マッサージなどは刺激を与えてしまい、腰椎椎間板ヘルニアには逆効果になることが多いためあまり推奨されません。

腰椎椎間板ヘルニアに対する専門知識があり、経験豊富な先生であれば、痛みを軽減出来るかと思いますが、経験の浅い先生に当たってしまうと、腰椎椎間板ヘルニアの症状が逆に悪化してしまうことが多くあります。

もし、マッサージや整体を受けるのであれば、必ず先生の経験や話を良く聞き、しっかりとコミニュケーションを取った上で、施術を受けるようにしてください。そうしないと、腰椎椎間板ヘルニアが悪化するばかりでなく、他の部位にまで影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。

また、コルセットは硬めの支柱を持つような硬性のもので腰部を固定して、腰への負担を軽減させます。また、薬物療法では消炎鎮痛剤や非ステロイド性の抗炎症薬、筋弛緩薬などをを内服したり、湿布を使用して痛みを軽減させます。

特に、腰椎椎間板ヘルニアの急性期での激しい痛みがある場合には、硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射、ステロイド注射等が有効になります。

また急性期を過ぎれば、温熱や低周波、牽引などの保存療法が適用されることが多くなります。牽引は特に、腰椎椎間板ヘルニアのの痛みを併発している場合に有効です。

運動療法は筋肉の緊張をやわらげて血行を良くすることで、痛みを軽減することができます。腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれが少ない場合には、リハビリが行われますが、やり方などは必ず医師に確認をし、独断の方法を用いることは避けるようにしてください。

中川式腰痛治療法