TOP > 治療方法 > 運動療法

運動療法について


腰椎椎間板ヘルニアの治療においては、安静が基本になります。また、腰椎椎間板ヘルニアの急性期では特に大切です。腰椎椎間板ヘルニアによる、強い痛みが持続している場合、注射やコルセット、鎮痛剤などを用いて安静にすることが必要です。

また慢性期でも、腰椎椎間板ヘルニアの痛みが強い場合には、鎮痛剤などを用いて安静を維持する必要がありますが、痛みが軽い時、痛みが無い時にはコルセットを外して運動療法を取り入れる場合が多くなります。

運動療法で主なものは、ウォーキングやストレッチ、筋力トレーニングや水中での軽い運動などが挙げられます。ウォーキングは、腰椎椎間板ヘルニアの術後のリハビリの基本としても用いられますが、社会復帰のためには基本です。

初めは歩行器を使用したり、手摺につかまったりと補助具を用い、徐々に普通に歩くことが出来るようにします。普通に歩くことがほぼ出来るようになったら、正しい姿勢、平均的な歩幅、脚への体重の乗せ方を取り入れて、しっかりと地面を蹴って歩くことができることを目標とします。

ストレッチなどでは、特に太ももやアキレス腱などの脚の部分を集中してストレッチさせます。特に、腰椎椎間板ヘルニアの術後では、坐骨神経痛によって麻痺が残っているケースが多いため、いち早く脚の鍛錬をすべきですが、ストレッチによって脚を慣らしていくことが重要になります。

体が硬ければ、それだけ普段の行動においても弊害が多くなりますので、腰椎椎間板ヘルニアの再発や予防としても普段からストレッチを習慣化させることが大切です。

筋肉トレーニングでもっとも効果のある部位は腰周りの筋肉です。この部分の筋肉が背骨を正常な状態でサポート出来るようにすれば、それだけで腰椎椎間板ヘルニアの痛みも減り、普段の生活ができる状態を長く維持させることができます。

また、腰回りに続き、脚周りの筋力も強化すると、腰椎椎間板ヘルニアにはとても効果的です。腰回りの強化をして、脚周り(特にハムストリング周辺)を強化していけば自然と腰椎椎間板ヘルニアの痛みは和らいでいくことでしょう。

トレーニング方法としては、初めは仰向けやうつ伏せの状態でも出来るような体に負担のかからないのがいいと思います。

また慣れてきても、自重運動による筋トレは、最初からはなかなか無理があることが多いですので、出来れば機械を使ったトレーニングを行い、腰への負担を軽減させながらの方法がいいと思います。

やはり、腰椎椎間板ヘルニアを改善するためには、筋力アップは必須になってきますので、積極的に筋力トレーニングを行っていくことをお薦めします。

中川式腰痛治療法